エアカウンターS どこまで使えるの?疑問を徹底調査


エステー(株)の放射線測定器の新製品、
エアカウンターSは、価格が7,900円です。
放射線測定器はこれまで数万円以上しているものが多い中で、極端に安くなっています。こんなに安くてどの程度まで使えるか疑問に思ったので調べてみました。
 
 
 
 

【疑問1】 感度は十分か?

・エアカウンターSの測定範囲は0.05μSv/h~9.99μSv/hとなっています。
この範囲でどのような測定ができるのでしょうか。
そもそも、放射線の安全基準はというと、これには諸説があるようですが、ひとつのめやすとして、国際放射線防護委員会の1990年勧告では、一般公衆で1年間で1ミリシーベルト以下とされています。
年間1ミリシーベルトは、エアカウンターSの表示のμSv/h(1時間あたりのマイクロシーベルト)では、0.114μSv/hに相当します。
(1ミリシーベルト=1,000マイクロシーベルト。1,000÷365÷24=0.114)

実際に私の家(東京都国分寺市)の内外をエアカウンターSで測ってみると、
家の中:0.05μSv/h以下(エアカウンターSの表示が0.05μSv/hで点滅)
庭  :0.07μSv/h前後
林の落ち葉だまり:0.12μSv/h前後
でした。
林の落ち葉だまりは上記安全基準の年間1ミリシーベルトぐらいということがわかりました。

日経新聞に各地の放射線量が毎日掲載されています。以下は2012年1月24日掲載分です。

エアカウンターSでは、測定範囲の下限値が0.05μSv/hですので、上記データでそれを下回る、
札幌、青森、盛岡、茅ヶ崎では数値が出ないのではないか(表示が0.05μSv/hで点滅)と思われます。

もっと低い値から調べたい場合は、エアカウンターSではなく、高額な測定器を使うことになります。
<例えば、最近発表された日本精密測器の「DC-100」は、0.01μSv/hから測定できますが、
価格は39,800円です。エアカウンターSは測定に半導体を使っていますが、このDC-100は、
半導体に加えて、さらに高感度のシンチレーターというものを組み合わせており、2月中に発売されるとのことです。(1月23日の日経新聞記事)>
一方、エアカウンターSの測定範囲の上限値は9.99μSv/hです。先の日経新聞のデータでは、最も放射線量が高い福島市で1.051μSv/hですので、十分ではないかと思います。

【疑問2】 測定するのはγ(ガンマ)線だけで十分か?なぜ地上1mで測るのか?

放射線には、主にα(アルファ)線、β(ベータ)線、γ線などがあり、それぞれ次のような性質を持っているとのことです。

・α線 : ヘリウム原子。飛ぶ距離は5cm程度。紙1枚程度で遮蔽できる。
・β線 : 電子。飛ぶ距離は数10cm程度。薄い金属や厚めの樹脂で遮蔽可能。
・γ線 : 電磁波。かなり遠くまで飛び、分厚い鉛や鉄等でないと遮蔽できない。
【他に、レントゲンなどで使われる X(エックス)線や、原子炉などで発生する中性子線などもあります。】

従って、身のまわりで影響が大きいのはγ線と考えられ、マスコミでよく発表される放射線の数値もγ線が多いようです。よって、γ(ガンマ)線だけでも十分実用になると思われます。
また、地上1mで測るのは、それ以下だとβ線の影響等で数値が異常に高く出る可能性があるためとされています。先の日経掲載の文部科学省の各地の数値にも地上1mの計測値が載っています。

実際にエアカウンターSで計ってみると、家の庭地上1mで0.7μSv/h、地上30cmで0.8μSv/hでした。

【疑問3】 食品の放射能も測定できるのか?

これはエアカウンターSでは基本的にはできないようです。資料には、「食料品や水に含まれる放射性物質の測定はできません」と書かれています。

エステー(株)のご相談センターに電話で問い合わせたら、「防水仕様ではないので、食品や水などの中に入れて測ることはできません。食品や水などを外から測ることはできますが、周りの環境の放射線と一緒になるので食品や水などだけからのものかどうかは明確には判断できないと思われます。」とのことでした。
食料品などの表面に付着している放射性物質が出すγ線で0.05以上ならば測定できるように思います。
試しに室内で、実際にエアカウンターSをお茶の葉、のり、ハチミツ、みかん、リンゴ、梅干し等にあてがって測ってみました。数値が一番高かったのはお茶の葉で0.08μSv/h程度で、あとはそれ以下でした。
但し、これらのない状態で測っても0.08μSv/hになるときもあったので、特に異常とは判断できないと思います。
動植物が体内に吸収した放射性物質は、微細に切り刻んで、その中に測定器を入れるなどしないと簡単には測れないと思われます。
Webで調べてみると、食品の放射能は微弱で、100万円以上もするような高感度で、α線やβ線も可能な計測器でないと測れず、しかも測定には結構時間がかかるらしいです。たとえば、日立アロカメディカルのものなど。装置も大きく、とても一般家庭で扱えるようなものではないでしょう。ロシア製などで数万円レベルの小型の測定器で食品の放射能も測れるとうたっているモデルもありましたが、弱い放射能の検出は難しいようです(もっと探せばいいものがみつかるかもしれませんが・・)。また、牛乳など液体の放射能は、液体の中に10cmの深さに計測器を入れて測るらしいですが、エアカウンターSは防水仕様ではありません。
食品については、放射線測定をしている大手スーパーや食材宅配会社(オイシックスや、らでぃっしゅぼーやなど)で検査済みのものを手に入れるほうが現実的だと思います。
ちなみに、食品の放射線の厚生労働省安全基準は、現状暫定基準の年間5ミリシーベルトから、2012年4月1日からの新基準で年間1ミリシーベルトに引き下げる(厳しくする)としたうえで、1kgあたり放射性セシウムの基準を現状500ベクレル→100ベクレルに引き下げる予定とのことです。(年間5ミリシーベルトは、0.571μSv/h、年間1ミリシーベルトは、0.114μSv/hに相当します。これはエアカウンターSの測定範囲ですが、エアカウンターSではベクレル表示はできません。
ベクレルとは、崩壊して放射線を発している原子核の個数で、シーベルトはその強さらしい。強さは原子核の種類によって異なるとのことです。電球にたとえるならば、40wと60wと100wの電球が1個づつ点灯している場合、トータルの個数は3個【→ベクレルに相当?】で、トータルの明るさ、消費電力は40+60+100=200w【→シーベルトに相当?】というふうに私は解釈しています。)
生産農家の方などで、どうしても検査したいものがあるという場合には、検査業者に依頼する方法があります。Webで検索したら、こんなところがありました。ご参考まで。→http://www.hoshanou-navi.com/index.html

【疑問4】 計測精度はいいのか?

エアカウンターSの誤差は±20%。上記【疑問3】の日立アロカメディカルのものも誤差±20%ですので、業務用と同等レベルといえると思います。標準放射線源での校正もなされていますので、実用的には問題ないと思います。
但し、放射能汚染物質や周囲からの放射線量は一定ではなく、常に変化しているそうで、測定のたびに測定値は異なることが多いようです。これはエアカウンターS以外でも同様です。何回か測って平均値を記録し、その平均値の変化を時系列で把握することが推奨されています。

【疑問5】 簡単に使えるか?

エアカウンターSの各部の名称と使い方は以下です。


・初めの2分間はLEDが点滅しながら予測測定、確定後は10秒ごとに数値が更新。
(移動平均表示。1分を10秒ごとのボックスに6分割し、10秒ごとに新たな測定値を加え、一番古い値を除いて常に1分間の平均値を表示する)

・測定中、もう一度リセットボタンを押すと再測定
・電源を切るにはスライドスイッチをOFF
・1時間操作をしないと自動でPOFFと表示され、測定を停止
ということで、そんなにむずかしいところはなく、簡単に使えます。
ただ、実際に使ってみると、正直、2分間じっとしているのはちょっと長く感じました。
しかし、これでも前のモデルは5分でしたから、大幅に改善されています。
体温計などでも数分たたないと正確な数値がでませんので、2分ぐらいはがまんというところでしょうか。

形は細長い棒状で、わずか60gですので、胸ポケットに入れて持ち歩けました。
前モデルや他社の測定器よりコンパクトですので、これは重宝だと思います。

以下はエアカウンターSの仕様です。

【製品名】エアカウンターS
【電池寿命】約2ヵ月(1日1時間/アルカリ単3乾電池使用)(連続使用の場合は、約60時間)
【検出器】シリコン(Si)半導体(フォトダイオード(PD))
【測定対象】ガンマ(γ)線
【表示数値】1cm線量当量率
【測定範囲】0.05μSv/h~9.99μSv/h
【誤差】±20%
【校正】校正定数による表示補正済み
【測定時間】最長約2分(放射線量による)(測定完了後は10秒毎に約1分間の移動平均で更新)
【本体サイズ】直径約22mm×長さ約170mm
【本体重量】約60g
【付属品】サンプル単3アルカリ乾電池1本、小冊子、取扱説明書(保証書)

付属品には、放射線についてわかりやすく書かれた詳しい小冊子(「正しく覚えよう!放射線の基礎知識」A5判フルカラー30ページ)も付属しています。
 
 
 
 
       エステー家庭用放射線測定器 エアカウンターS 正規品 
お求めは⇒販売店:【株式会社もしも 加盟店:すぐれものショップわんた】
         希望小売価格 7,900円(税込、未開封新品、保証書付)

                エステー エアーカウンター(エアカウンター)S(家庭用放射線測定器) をカートに入れる

【PR】

放射性物質を自主チェックのうえ、お届けしています。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です